オリジナル、カバー、弾き語りレッスン、バレットジャーナル、ライフスタイル、マインドフルネス。

Ruka Aosora

Ruka blog

バレットジャーナルの作り方(6)基本編と9月のセットアップ

投稿日:

今週の動画はバレットジャーナルの作り方⑥!ということで、もう一度基本に立ち返って、原点からバレットジャーナルの作り方をシェアしていきます。どうぞ動画をご覧ください♡
今後はバレットジャーナルシリーズのブログはこちらでアップしていきますので、ぜひお気に入りにいれておいてください^^

バレットジャーナルについて

バレットジャーナルシリーズの動画も6本目になりました。
毎回動画の編集は作り込みすぎて時間がかかり大変なのですが(汗)もうちょっとシンプルに動画をアップしていった方がいいかもな〜と、毎回思いながら毎回大変な思いでアップしています(笑)

さて、最近は日本でも静かなブームが起こりはじめていますが、海外ほどのブームはまだ起こっていないバレットジャーナルの魅力を本日は語っていきたいと思います。

そもそもバレットジャーナルとはなんなのか?

ちょっと表にしてみたので上の写真をご参照ください。

バレットジャーナルは手帳や日記、ビジョンボード(宝の地図)やアイデア、トラベルノート、アートジャーナル、頭の中のいろんなことを書き出すためのブレインストーミング、Todo listなどすべての管理や記録を1冊にドッキングさせたもの、と思っていただければわかりやすいかなと思います。

日本ではほぼ日手帳の方が流行っているので、まだまだバレットジャーナルの魅力についてはあまり知られていませんが、ほぼ日手帳を使いながらもバレットジャーナルをつくりはじめるのもありかと思います。
(この場合手帳と別に分けることになってしまいますが、バレットジャーナルは管理術以外のさまざまな使い方ができますので、二つ並行して使うのもいいんじゃないかなと私個人的には思っています。)

そんなバレットジャーナルは、毎日日記をつけたり手帳管理が苦手な筆不精な人にでも無理なく続けられるのがおすすめのポイントです。

バレットジャーナルは空いた時間や好きな時に作りたいときに作ればいいので、手帳のように、書き込むのを忘れたらモチベーションが下がるというようなことにはなりません。

たとえ書き込んだ文字が間違っても、そこに切り抜きを貼ったりすればおしゃれなページに仕上がりますし、急に思いついたアイデアなんかのページも新しく作ったりして、制限されない自由なスペースで自分の頭と心の中を整理することができます。

①バレットジャーナルの作り方
基本編(用意するもの)

バレットジャーナルの①の動画でもお伝えしましたが、今回ももう一度おさらいということでご紹介したいと思います。

<バレットジャーナルで用意するもの>

・ノート
・ペン

実はこれだけでじゅうぶんです。

でも、もうちょっとかわいく素敵に仕上げたいならば、

・ステッカー
・シール
・付箋
・ポストカードや切り抜き
・カラーペン
・いろえんぴつ
・お気に入りの写真
・ハサミ
・のり
・マスキングテープ

などを使ってもOK。

②INDEX(目次をつくる)


まずは最初のページにINDEX(目次)を作ります。
これからいろんなカテゴリーのページをつくりたい人は、2ページくらい空白のページを作っておいてもいいかもしれません。私は1ページにまとめるようにするので、1ページだけつくります。

このINDEXページは目次です。
これから作るバレットジャーナルの各ページに何が書かれてあるのか、明記しておくことで全体を把握できます。

ページごとに下の方に番号をふっておきます。
ただ、各ページ番号をつけるのはちょっとめんどくさい人は、例えばウィークリページが8ページ〜11ページにわたって作ったならば、最初の8と最後の11ページ目だけ番号をふっておきます。

そしてINDEXに戻って、8−11ウィークリページと記入しておきます。

そうすることで、何がどこにあるのかが一目瞭然でわかるようになります

 

③KEYになるアイコンをつくる

次のページはKEYになるアイコンをつくっておきます。
たとえばこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BS8BqfxFAgm/?tagged=bulletjournalkey

基本のKEYアイコンは、

・ Task(すること)
× Completed(終わったこと)
→ Migrated(移動した予定)
く Schedule(予定していること)
△ Appointment(アポイント)
$ Money(お金)
○ EVENT(イベント)
♡ Private(プライベート)
ー Note(メモ)
! Deadline(締め切り)
* Priority(優先すること)
☆ Important(重要なこと)

これらのアイコンを今後の予定の横に書いておくと便利です。

 

④フューチャーログ(未来の予定表)

普通フューチャーログのページは年間か半年のカレンダーを書いていくのですが、すでに9月ですので私の場合は12月までの4ヶ月を書いていきます。

レイアウトをこんな風に作ってもいいですし、あなたの好きなようにレイアウトしたらOK!

時間がない人はできるだけシンプルに書いてもOK!

今後もいろんなレイアウトをご紹介していきたいと思います。

月の文字の横に手書きでカレンダーを書きましたが、カレンダーを縮小してコピーしたものを貼ってもいいと思います。

この場所には年間や半年の大きいイベントを書いておきます。

ex.例えば、誕生日、旅行、引っ越しなど

 

⑤マンスリーログ(月間の予定表)


マンスリーログは、一番簡単なレイアウトは、左端に縦並びで1〜31日とか番号をうっていく方法。その横に曜日を書いておきます。

そしてその月の予定を左側に書いておいて、右側のページにさらに具体的な内容をまとめてかいておきます。

その際もKEYのアイコンをつけておくと、「この予定は来月にするから→マークを書いて来月の予定表に書き足しておこう」とかいう感じで頭の中が整理されます。

⑥ウィークリーログ(週ごとの予定表)


こちらのウィークリーログページは1週間ごとを2ページわたってセットアップしていきます。
けれども、このレイアウトでなくても縦にしてもいいですし、自分の好きなレイアウトにしてOK!

今回のWeekly logページは上の方にその週の予定を書いて、下にメニューを書いています。
その下の空いているスペースには今週に予定している具体的なこと、Todolist、目標などを絵を書いたり、切り抜きをはったりしてかわいく仕上げてみてください。

私の場合は今週にYoutubeをアップしたかったので、Youtubeにアップするために必要なこと例えば
・撮影する
・編集をいつまでにする
・画像を加工する
・ブログを書く
・タグを書くなどなど

⑦デイリーログ(日記の記録)


毎日の日記はけっこうつけるのが大変という人もいると思うのであらかじめ日にちを書く必要はありません。
私は1ページに3日書き込めるようにしていますが、1ページに1日の出来事をたくさん書きたい人は写真や行った場所のフライヤーを貼ったり、切り抜いて貼ったり素敵に仕上げることもできます。

1週間の出来事をまとめたい人は2ページでおさめてもいいかと思います。

レイアウトもいろいろできますし、数字の文字にこだわりたい人はフォントなどをネットでしらべて
それをまねして書いてもいいと思います。

⑧トラッカーページをつくる


Trackerトラッカーとは生活習慣を改善したいr、理想の状態へと常に意識を向けるためのツールです。
習慣にしたいことを左側に書いて、上の方に日付を書いていきます。
そしてうまくいった日はペンはカラーペンで塗りつぶすかチェックを入れていきます。

例えばこんな感じ

https://www.instagram.com/p/BYjF_Hrllmd/?tagged=bulletjournaltracker

こんな風に私もダイエット習慣でできること、

・10000歩歩く
・7min workout(7分運動アプリ)
・ヨガ30分
・モムチャン体操15分(昔のDVDが出てきたので、笑)
・No sugar 砂糖を食べない

などを左側のカテゴリーに書いておきます。
そしてできた日は○、チェックなどを書いていきます。

その他ショッピングリスト、読みたい本リスト、行きたいカフェリスト、気に入ったミュージシャン、Youtuberなど、ページごとに作っていってもいいかと思います。

 


切りはりを入れるためのビジョンポケットおすすめです♡

ということで、以上です。

今後もバレットジャーナルを毎月ご紹介していきたいと思います♡

ブログを最後までお読みくださいましてありがとうございました♡

 

-Ruka blog
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Ruka Aosora , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.